ゼノ・コキュ琴がメチャ便利!水古戦場用オート編成(バランス型)

2019年6月10日

まだ大分先ではありますが、次回古戦場のためのオート編成記事を少しずつあげていこうと思います。

いくつかオート編成を作っても、いざ実践すると使えないって事が結構あるので、今のうちにコツコツ貯めて、古戦場が始まった時にオススメ出来るといいなぁ…。

 

前回の土属性はSR編成が多めだったので、今回はSSR編成から紹介していきます。

・水属性 オート編成①

 

※ カトル君が最終できていません。最終していると奥義効果に連撃アップがあるのでオススメ。

 

・編成の特徴

 

① アルタイルの奥義でクリティカル効果。サポアビで弱体成功・ゲージ上昇効果

② カトルの奥義でスロウ効果。(最終であれば、連撃アップ効果もつく)

③ 2年生の奥義でバフと回復

④ 主人公(ゼノ・コキュ琴装備)の奥義で弱体成功とストレングス。スキル2に累積デバフ。

 

使用した武器・召喚石はこちら。

 

 

水属性は武器も優秀なので、主人公のジョブを変えるだけで幅広い編成が作れます。

今回は、主人公のジョブをエリュシオン。武器はゼノ・コキュ琴を採用しました。

 

この編成はバフ、デバフ、スロウ、回復が揃っているので、バランスも良く、使いやすいと思います。カバー出来ないのは、防御面や敵の弱体デバフ辺りでしょうか。

後、主人公が楽器武器なので、どうしても素の火力は低めになってしまいます。しかし、それを補える奥義効果のストレングスやアルタイルのクリティカルバフがあるので、それほど火力も低くなりません。

 

ゼノ・コキュ琴はスキル2に累積デバフ、奥義効果に弱体成功とストレングスもあり、非常に強力です。

特に累積デバフがかなり優秀で、敵の特殊技に反応して発動するので、敵がブレイク状態でない限り最大値の30%をほぼ維持してくれます。

 

 

こんな感じで、敵が特殊技を撃つ度に発動してくれるのでメチャ便利!

 

また、奥義効果の弱体成功UPの効果量も25%と非常に高く、他のキャラの持つ弱体効果を活かす事が出来ます。オート編成以外でも非常に優秀!

ストレングスも最大効果が30%と強力で、私のショボい編成でも…

 

 

これ位ダメージが出るようになります。

 

オート狩りをしていると多少ダメージは上下しますが、この武器編成だと大体30万~40万くらいのダメージを出す事ができました。

 

オート実践。

 

 

コロマグHLは、この編成でのオート狩りは出来ませんでした。次元断がやっぱり痛い!
累積デバフのお陰で連続で2回食らっても落ちないんですが、ダメでした。

武器編成が強い人なら、次元断をあまり撃たせずに腕を落とせるはずなので、単純に私の戦力不足が原因ですね。

古戦場は蘇生薬も使用できるので、条件としてはもう少し楽かな?

 

キャラ編成の面では、この中だとアルタイルが特にオススメです。恒常キャラではありますが、性能が非常に強力です。

バフ・デバフをこなせる上、サポアビに弱体成功・ゲージ上昇まで持っており、戦闘で必要な役割をほぼ一人でこなせます。オート編成においても、奥義効果のクリティカルUPは火力を大幅に伸ばしてくれます。

サポアビもオート編成に相性が良いので、持っている人は是非使ってみてください。

 

カトル君は、十天衆なので取得するのに時間がかかりますが、こちらもオート編成ではオススメです。

特に奥義効果のスロウは貴重で、グラブルのほとんどの敵に通用しますし、これだけで敵の強力な技の発動を遅らせる事が出来ます。

最終上限していれば奥義効果に連撃UPもつくので、パーティー全体の回転率も上がり討伐時間短縮にも繋がります。

スロウ効果は相手の特殊技を遅らせる事から、ゼノ・コキュ琴と相性が悪いと思うかもしれませんが、

 

 

累積効果が3分あるので、特に問題は無いでしょう。

 

バフ・回復役として2年生を入れていますが、水着ディアンサSRリルルなどを使えば、回復量も多く編成がグッと安定します。

 

以上、水古戦場用オート編成①でした。

 

今回は、奥義効果のバランスと恒常・配布キャラという点でチョイスしてみました。カトル君がちょっと特殊だけど…。

ゼノ・コキュ琴は、これ一つで色々役割がこなせるので、他にも、ドランクをいれて防御を下限まで出せるオート編成や、虚無杖装備の楽器・杖キャラ染めオート編成など、用途別で様々な編成が作れます。

 

使えるかどうかはまだ分かりませんが、古戦場が始まる前にオート編成のストックを増やしておくので、良ければ当ブログをまた覗いてみて下さい。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

では、また。

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村